自動検品

熟練スタッフによる勘と経験に支えられていた検品作業を、画像や音声データを教師データとして自動化。良品/不良品の判定や異常品の検知がAIにより自動で可能となります。自動検品により、人件費、スキルの高低による精度のばらつき、教育・採用コストの削減等を実現。拡張性が高いAIによる自動検品であれば、構築したモデルを国内外の他工場にも簡単に展開可能です。

課題

期待される効果

支援実績

  • 製品の最終検品を人の目と手で行っていた

  • ​熟練工と未熟練工との間で精度の差が大きい

  • 未熟練工でも熟練工と同じ精度で検品を行うことができる

  • 製造現場での熟練工の検品業務の自動化(ポータブル端末向けの部品業)