hero-news.jpg

News

ニュース

2022.07.26

プレスリリース

ABEJA、AI倫理に関するコンサルテーションサービスの提供を開始




 人とAIの協調により「ゆたかな世界を、実装する」株式会社ABEJA(本社:東京都港区、代表取締役CEO:岡田 陽介、以下「ABEJA」)は、2022年7月26日(火)より、AI倫理に関するコンサルテーションサービスの提供を開始いたしましたので、お知らせいたします。



 ABEJAは、「ゆたかな世界を、実装する」を経営理念とし、「ABEJA Platform」を基盤に顧客企業の基幹業務のプロセスを変革し、ビジネスの継続的な収益成長の実現に伴走する「デジタルプラットフォーム事業」を展開しています。「ABEJA Platform」は、データ生成からデータ収集、データの加工、データ分析、AIモデリングまでのデジタル変革の完遂に必要な主要プロセスに一気通貫で対応するソフトウェア群であり、さらにプラットフォーム上で開発したシステムの継続的かつ安定的な運用を行う基盤です。ABEJAは、2012年の創業時よりABEJA Platformの研究開発を進めており、これまで多種多様な業界・業態300社以上のデジタル変革を「ABEJA Platform」上で実現してきました。また、「Human In the Loop」をはじめとする高度なノウハウやアプローチを用いて、デジタル変革に必要不可欠な「人とAIの協調」を実現し、戦略的かつ効率的に顧客の基幹業務を変革し、さらにはビジネスモデルの革新に取り組んでいます。



 昨今、社会課題の解決にAIが寄与する一方、AIシステムに社会の歪みや差別、偏見が反映される事象が多数確認されています。また、AIシステムが不公平な結果をもたらすことを理由に、開発・提供企業が、プロダクトの開発や提供を停止するケースや、開発・提供したAIシステムが導き出す結果にバイアスがあることから企業のレピュテーションが損なわれるケースも発生するようになりました。こうした動向を受け、AI倫理に関する社会的・国際的な議論やAIポリシーを重視する機運が高まっており、国内においても経済産業省が「AI原則実践のためのガバナンス・ガイドライン」が取りまとめるなど、AI倫理やガバナンスに関する議論は、理念から実践へと移行しています。



 ABEJAは、これらの状況を鑑みAI倫理に関する議論を社内で重ね、2019年にAIに関する課題について外部の有識者(2022年7月時点7名)が倫理、法務的観点から討議する委員会「Ethical Approach to AI」(EAA)を設立し、特に判断が難しい案件についてEAAに議題として提出し、客観性、独立性を担保した意見や知見を鑑みつつ、各課題に対応しております。また、2022年1月には、顧客や取引先とAI倫理に関する意識を一つにしAI倫理上の課題に対応することを目的として、AIの開発や利用に関する指針となるAIポリシーを自社で策定し運用を進めております。これらのAI倫理に関する取組みにより、テクノロジーと倫理・ガバナンス両観点における実践で培ったナレッジが社内に蓄積されており、この度、AI倫理に関するコンサルテーションをサービス化し、公平性・透明性を担保したAIシステムの開発および運用をサポートすべく、広く提供する運びとなりました。



 ABEJAが提供するコンサルテーションサービスは、「AIガバナンス構築支援サービス」および「AIシステム倫理アセスメント支援サービス」の2つです。「AIガバナンス構築支援サービス」は、顧客の事業・将来像に照らして、あるべきAI倫理のためのガバナンスを支援するサービスです。具体的には、ポリシーの策定、リスク評価と対応策の策定、運用組織の構築、AI倫理に関するエデュケーション等を提供します。また、「AIシステム倫理アセスメント支援サービス」は、個別のAIシステムの倫理的課題の発見・深堀・対応策の検討を支援するサービスで、具体的には、ステークホルダーの特定、リスクの評価と対応策の策定、当該AIシステムについて開示すべき事項の策定等を想定しています。サービス対象は、ABEJAの顧客をはじめ、AI倫理に関するコンサルテーションのみご希望される企業に対してもサービス提供を行います。



 ABEJAは、本サービスの提供を通し、顧客のAIシステムの倫理および信頼性の確保をサポートし、公平なAIの実現に向けて取り組んで参ります。



■ AI倫理に関するコンサルテーションサービスについて

提供開始日:2022年7月26日(火)

サービス概要:

① AIガバナンス構築支援サービス

 事業・将来像に照らして、あるべきAI倫理のためのガバナンスの構築を支援するサービス

 ・AIポリシー策定

 ・AIポリシーと現状の比較

 ・リスク評価と対応策の策定

 ・運用組織の構築

 ・関連規定の整備

 ・AI倫理に関するエデュケーション



② AIシステム倫理アセスメント支援サービス

 個別のAIシステムの倫理的課題の発見・深堀・対応策の検討を支援するサービス

 ・ステークホルダーの確定

 ・倫理リスク検討会の開催

 ・リスクの評価と対応策の策定

 ・当該AIシステムについて開示すべき事項の策定

 ・モニタリング事項の策定



料金:個別見積り(以下までお問合せください)

   担当 古川 / 連絡先 solution@abejainc.com



■ Ethical Approach to AI(EAA)について

https://abejainc.com/ja/news/article/20220401-2929



■ ABEJA AIポリシーについて

https://abejainc.com/ja/contact/ai_policy/



■ 株式会社ABEJAについて

ABEJAは、「ゆたかな世界を、実装する」を経営理念とし、「ABEJA Platform」を基盤に顧客企業の基幹業務のプロセスを変革し、ビジネスの継続的な収益成長の実現に伴走する「デジタルプラットフォーム事業」を展開しています。2012年の創業時よりABEJA Platformの研究開発を進めており、これまで多種多様な業界・業態の300社以上のデジタル変革をABEJA Platform上で実現してきました。



本 社 :東京都港区北青山二丁目14番4号the ARGYLE Aoyama

設 立 :2012年9月10日

代 表 : 代表取締役CEO 岡田 陽介

事 業 :デジタルプラットフォーム事業

URL : https://abejainc.com