top of page

PDCA機能

施策と効果を管理して、売上に繋がる改善サイクルを

過去実績をもとにして、AIがあなたの店舗の適切な予実管理をサポート。実施した施策が来店人数や買上率にどう影響したかを可視化することで、予算達成に向けた改善サイクルを回すことができます。

PDCA機能

売上を増やす歩み、進んでいますか?

売上を増やすには、POPやキャンペーンといった「施策」を実行し、
予実と照らして効果の有無を「振り返り」、「改善」によってよりよい施策を実行するサイクルが必要です。

予実管理と改善サイクル

​改善サイクルでよくある課題

売上集計が手作業のため正確な数字を把握するだけで時間がかかる

来店客数や買上率等に踏み込んだ計画がなく売上増の手立てがわからない

実施した施策が効果があったのかどうかわからない

店舗やスタッフによって、施策内容や振り返りのレベルに差がある

情報共有が不十分で、効果のあった施策を他店舗で再現できない

PDCA機能が解決します

PDCA機能では、店舗単位の適切な予実管理と、施策効果の可視化を実現。
予算目標の達成に向けた、売上に繋がる改善サイクルを可能にします。

適切な予実管理

適切な予実管理

過去の実績データをもとにして、AIが、売上予算に到達するための各種KPI数値を自動で算出します。

施策効果の可視化

施策効果の可視化

実施した店舗施策がどのKPI目標にどれだけ効いたのかを可視化。何が “売れる施策” だったのかが一目で判断できます。

予実管理
pdca_yojitsukanri.jpeg

適切な予実管理
――「予算登録機能」と「AIお任せ機能」

年間予算を月・店舗単位でCSVアップロードするだけで、PDCA機能が自動で、年間・月次予算達成のための週次予算計画を作成。過去の売上実績データや、Insight for Retailにある過去の各種KPI数値を参照し、AIが自動で、予算達成に必要な各種KPI数値の値を算出し、目標化します。

​予算登録機能

月・店舗単位の売上予算をCSV形式でアップロードするだけで、かんたんに予実と各種KPI数値を Insight for Retail で管理できます。

できること

  • 予算管理(月別 / 店舗別)

  • 予実管理 ※実績データをCSV形式でアップロードする必要あり

解決できる課題

  • 現場がなかなか売上実績のデータを入力してくれない

  • データ入力にミスが多く、本部側での正確な数字把握に時間がかかる

​予算登録機能
AIお任せ機能

AIお任せ機能

過去1年分の実績データをもとにして、AIが売上予算を達成するために追い求めるべき各種KPI数値を算出。来店客数や買上率、購入客数といった、売上予算を達成するために追い求めるべき各種KPI数値について、週次単位で予算化します。

できること

  • 売上予算の自動調整(年・月単位のものを週別へと自動集計)

  • 各種KPI数値を予算化し動入力、自動調整(週別)※既にInsight for Retailに各種KPI数値の実績データがある場合に有効

解決できる課題

  • 売上しか予算化されておらずどの指標を伸ばせば売上を伸ばせるのかがわからない

  • 予算達成のために、どのKPI数値を、いつまでに、どのくらい高めなければならないかがわからない

施策効果
pdca_shisakukouka.jpeg

施策効果の可視化
――「施策登録・共有機能」と「振り返り機能」

店舗で実施予定の施策を登録することで、全店舗を横断した施策データベースを構築できます。 来店客数や顧客属性といった店舗データと照らし合わせることで、施策による顧客行動の変化が一目瞭然に。各店舗の成功事例を吸い上げて横展開することで、全ての店舗が最適な施策を行なえるようになります。

施策登録・共有機能

週次の予算や各種KPI数値の達成に向けた店舗施策を登録することで、本部と各店舗で共有が可能な施策データベースを構築できます。施策内容を画像データとともに入力しておくことで、効果のあった施策を容易に他店舗へと横展開することが可能です。

できること

  • 施策登録と管理

解決できる課題

  • 店舗によって、施策のレベルに大きな差が出てしまう

  • 各店舗の施策共有が十分でなく、効果のあった施策を他店舗で再現することができない

施策登録・共有機能
振り返り機能

振り返り機能

実施施策の振り返りを、定量的なデータ、定性的なコメント等に紐づけて行うことができます。週次・月次にて、各施策の効果を振り返ることで、本部も店舗も、"効果のあった施策" をデータに基づいて把握し、改善サイクルをまわすことができます。

できること

  • 各施策と定量データ(売上 / 買上率 / 来店客数 等)との紐づけ

  • 各施策への定性データ(コメント等)の付与

解決できる課題

  • 実施した施策が効果があったのかどうかわからない

  • 店舗やスタッフによって、施策振り返りのレベルに差がある

画像とともに施策内容をシェア

画像とともに施策内容をシェア

「施策登録・共有機能」では、実際の施策内容を画像として登録が可能。VMDの変更などテキストベースでは表現の難しい施策も、視覚的に伝わる形で集合知にすることができます。

定量データと紐づけた振り返り

定量データと紐づけた振り返り

施策登録時には、各施策で来店客数や買上率などのKPI指標を設定。「振り返り機能」では当該施策がKPI指標にどう影響したかが自動で可視化されるため、定量データと紐づけた振り返りが可能です。

コメントによる定性評価の付与

コメントによる定性評価の付与

顧客の反応や店舗スタッフの感じた課題などをコメントやメモとして登録することで、定性的な情報を各施策に紐づけることもできます。

店舗データを活用した改善サイクルを
今すぐ始めてみませんか?

サービスを詳しく知りたい

​事例を知りたい

ご利用のイメージ

「本部」「店長」「店舗スタッフ」の各セクションの工数は、最大3ステップで完了。簡単に改善サイクルをスタートすることが可能です。

ご利用のイメージ

カスタマーサクセスによる改善サイクルのご支援

ABEJAではツールの提供だけでなく、これを活用した改善サイクルの実践まで支援します。
お客さまごとに取得される固有のデータについて、データの活用方法のアドバイスを提供しております。

データ活用支援

データ活用支援

現場で取得されるデータ活用のアドバイス

ワークショップ

ワークショップ

データ活用支援の一環として、 本部社員・現場の方に対してのワークショップを開催

ユーザー会

ユーザー会

サービス導入済のユーザー同士による、コミュニティイベントを開催。情報・意見交換の場としてお役立ちします。

店舗データを活用した改善サイクルを
今すぐ始めてみませんか?

サービスを詳しく知りたい

​事例を知りたい

スクリーンショット 2022-06-15 11.01_edited.png

Copyright©ABEJA, Inc. All rights reserved.

  • Twitter
  • Facebook
  • LinkedIn
  • Youtube
bottom of page